【必須!】TOEIC受験開始までに行う当日の手順。

TOEIC

こんにちは。SHOTAです。
私がTOEICを受験する際に、行っている当日の手順をご紹介します。
満足した結果を得る為に、細かいことですが割と大事なことを以下に記載していきます。

テストは午後受験がおススメ!(前提)

私は基本的に、午後受験をしています。

理由は、人間の脳は起床してから4時間後が一番活性化すると言われているからです

午前受験の場合は10時頃開始なので、万一起きる時間が遅くなってしまったり寝坊してしまうと、「頭が起きてない、ぼーっとする」っということが起きてしまいます。

そうすると、受験に集中ができず満足した結果が得られない場合があります。6時頃に起床できれば良いですが、休日に早起きすることを慣れていない人は難しいと思います。

その為、予定がない方は午後受験することをおススメします。

マークシートシャープを持参する

悩みの一つとして「時間が足りない」と思う人がほとんどだと思います。

これは、英語力以外でも改善できる部分があります。それがシャーペンです。
TOEICは1分1秒を争う戦いになって来る為、マークシートへの記入スピードも得点に影響します。

マークシートシャープとは、マークする為に作られているシャーペンです。
通常のシャーペンと違うのは芯の太さです。
通常のシャーペンが0.5mm程度に対し、マークシートシャープは1.3mmです。

その為、マークシートに記入する時間が圧倒的に早くなります。

直前にブラックコーヒーを飲む

テスト中に眠くなることを防ぐため。それだけです笑

これは、リスニング45分間の間に眠くならないようにして、集中を持続させる為です。

超直前にフリスクを食べる

これも、ブラックコーヒーと同じ。笑
試験官が、筆記用具以外全て鞄の中にしまってくださいという発言があったら、フリスクを口に入れて全力で眠くなる事を防ぎます!

リスニング得点UP!爪にサインペンでマークを付ける

これは、パート3とパート4でかなり役に立つ方法です。

パート3とパート4では、1つの音声につき3つの問題を解く必要があります。
全ての問題の答えを暗記して、マークシートに記入すると、マークミスや答えを忘れてしまうことがあると思います。これを解決してくれるのが以下の画像のやり方です。

リスニングをしながら、黒い線を各問いの答えに合わせて置き、音声が終わったら一気にマークシートに記入していきます。
これで確実にマークシートのミスと答えを忘れてしまうということがなくなります。

目標に向かう人,本気で夢を叶えたい人の為に、現在は「コーチング」の提供を行っています。
詳細は以下のページをご覧頂き、無料体験でも受けてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました